なぜ今プーアル茶ダイエットが注目を集めているのか?

テレビ、雑誌等でダイエット法はいろいろと報道・掲載されています。今回は当サイトでも紹介しているプーアル茶ダイエットの発祥ともいえる、お茶ダイエットの方法と痩せるメカニズム、効果をまとめました。

お茶を飲むことに下記の3つの効果が顕れ、結果再ダイエットが達成できます。身体の代謝の活性化されます。カロリー摂取量を抑えることができます。便通が良くなります。

なぜ、今プーアル茶ダイエットが注目されているのか?!

先ず1つの効果より説明すると1日のカロリーの摂取量のうち、エネルギー消費量を超えたカロリーは脂肪酸に変換され、エネルギーが必要な時のために貯蔵されます。

 

お茶を飲むことで身体の代謝が活性化され1日のエネルギー消費量が増えるため脂肪に変換されるエネルギーが減り、太りにくい身体になります。

第2の効果はカロリーの摂取量を無理に減らすことなく、時間を掛けてゆっくりとカロリー摂取量を減らすこと、リバウンドや健康障害を起こさずに健康的に痩せることが出来ます。

第3の効果は体内に便がたまっていると身体の代謝を低下させ身体の循環機能が落ち、痩せにくい身体になりますので、便通を良くすること事により、身体の代謝が改善され痩せやすい身体に変わります。お茶のダイエットはお茶の種類により

含まれる成分・効果も若干違いますが、基本的」な脂肪吸収を抑制する効果は共通しています。

お茶にはそれぞれ種類によってダイエット効果にも違いがある

お茶の種類にはウーロン茶・ゴーヤ茶・杜仲茶・プーアル茶・ギムネマ茶等がありり、ダイエット法として使われています。個々によりお茶の独自の特性が有ります。

ウコン茶(クルクミンを含む)、杜仲茶(ゲニポシド酸含む)は肝臓の抑制効果もあり、杜仲茶では大腸での脂肪抑制効果が有ります。

ゴーヤ茶にはリノレン酸を含み、このリノレン酸が血中でEPA・DHAに変化し血中の悪玉コレステロールを減らし、同時に善玉コレステロールを増やす働きをします。プーアル茶にはカテキンが含まれ、カテキン中のβ酸化関連酵素のかつどうを活発化させ、脂質の分解・燃焼を促進させる効果が有ります。

その食事で入ってくる脂肪、体内に溜まった脂肪をエネルギーとして使われやすくします。また聞きなれないお茶としてギムネマ茶があります。

このお茶には脂肪吸収の抑制は勿論こと、ギネマ酸の作用により、小腸内で糖質の吸収を阻害し血液中のコレステロールを英化させ血糖値の上昇を抑える効果が有ります。

数あるお茶の中でもやはりダントツにダイエット効果が高いのがプーアル茶でしょう。

プーアル茶の成分の記事でも解説している通り他のお茶と比べてもダイエットに重要な成分を大量に有していますし絶対にチェックをしておくべきお茶なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です